TOP

キャッシングの恐怖「安易に手を出すと抜け出せなくなりますよ」 本当に必要なのか考えよう

ここに画像が表示されない場合はすでに削除されているか直接のリンクを拒否されている可能性があります

月末や急な予定、どうしてもお金が必要なことってありますよね?
私も会社員時代、いくら考えても給料日までお金が足りない……ヤバイ!って時は一度や二度ではありませんでした。

私が始めてキャッシングしたのは会社員時代のことです。

理由ですか? 恥ずかしいですが簡単に書いてみましょう。
一応部長と言う肩書きだった私は、会社を辞めることになっている部下2人と送別会がてら飲んでいたんです。
するとその内の一人が、「キャバクラ行きたい」と言い出しました。

そこで私は2人を連れて行きつけのキャバクラに向かったのです。「今日は送別会だから俺が出してあげるよ」と言ったのが最後。大騒ぎを始める2人、嫌な予感がする私。会計は13万でした。

その場はカードで払いましたがお察しのとおり引き落としがやってきます。
間の悪いことにその月は引越しでした。合計で30万以上、給料がほとんど無くなります。

「キャッシングするしかないかな」そう思ってからはすぐでした。引き落としも迫っていたので急いで申し込み、お金を引き出しました。
カード代、13万を借り入れたのです。

すぐ返そう、一度だけと言い聞かせましたしそうなると思っていました。

けれどもそうは行きませんでした。
当時の私はキャッシングを外付けの財布感覚で使うようになっていました。

会社を辞め独立してからは、仕事で使うお金も足りなくなればキャッシング。
返済はしていましたが借りれば借りるほど、返済は利息の方が多くなります。元本はなかなか減りません。

気づいたら50万近くまで借りてしまっていました。
独立してからは月々の給料も無くなり、売り上げが悪ければ返済も滞ります。
返して借りてを繰り返し、気づけば借金は45万から動かなくなっていました。

まさに悪循環というものです。一旦タガが外れるとダメだダメだと思っても借りてしまうようになります。
私がその悪循環を断ち切ったのは、妻のおかげでした。
ある時消費者金融からのハガキを見つけた妻にバレたのです。妻は全額立て替えてくれました。

もう借りない、と心に決めたのはその瞬間でした。
その後は借り入れすることも無く、カードは切って捨てました。金融会社からたびたび電話がありましたが、もう借りないのでリストから消してとお願いしました。その後電話はありません。

冒頭にどうしてもお金が必要な時がある、と書きましたね。
どんな時でしょう。
私からアドバイスをするとしたらこうです。
「どうしても借りるなら借りたい金額の半分にしておいた方が良いですよ。」
「借りれば足りない金額は埋まるけれど、別の穴を掘っただけですよ」

落ち着いてよく考えてみてください。

.

最終更新日:2016-08-26 00:22

コメント (0)